2016年10月16日

森のチェンソー講座(9月2回目)

 


9月25日(日)森のチェンソー講座(9月第2回目)が開催され、受講生25名、スタッフ13名

が参加しました。


今回も9月第1回目と同様造材と集材です。


林内に残置していたスギ間伐材を造材(玉切り)し、道路脇まで運び出す作業でしたが今回は前回使用した「ひっぱりだこ(ウィンチの商品名)」2台にロープウィンチ1台を新たに加えました。

このロープウィンチはホンダの50CC4サイクルエンジンを使用していますが、カナダのポータブルウィンチ社製で「PCW−5000」というタイプの機種です。

牽引力は1トンでロープウィンチと言われるようにワイヤーではなく繊維ロープを使って牽引します。繊維ロープはワイヤーと違って柔らかく軽いので扱いがとても楽になります。

ひっぱりだこと同様のセッティングで集材することもできますが、今回は架線(空中線)を張っての架線集材の方式で集材しました。


架線集材の場合設置が多少面倒になりますが、設置後の集材は効率良くなります。


集材作業では合わせてトビ口やサルカン(トチカン)、トング等の補助具の使用方法についても実習しました。


次回開催は10月8日(土)です。




 

 





posted by いわて森林再生研究会 at 20:03| 活動記録