2017年07月15日

間伐材利活用の日活動 7/15(土)

7月15日(土) 間伐材利活用の日活動が行われました。 

 

三助山にて作業道作設の活動です。
 
当地方も連日の猛暑日続き、日中の作業は疲労を蓄積させるので、
本日は早朝6時前の涼しい時間に開始して午前中で終了しました。
 
さわやかな空気につつまれた林内環境のおかげで作業ははかどり、今回の終着点がすぐ目の前に見えるところまで伐開完了しました。
 
作業道完了まであともう少しです。
 

いわて森林再生研究会のホームページへhttp://i-sinrinsaisei.org/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by いわて森林再生研究会 at 13:13| Comment(0) | 活動記録

2017年07月14日

里山整備対策事業 7/12(水)〜13(木)

7月12日(水)〜13日(木) 里山整備対策事業の活動が行われました。 

 

三助山・万平林にて 2日間で延べ20 人の参加者でした
 
里山事業・資源利用活動
 林内(1.6ヘクタールのスギ林)に残っているスギ間伐材を集めて運び出す作業。
伐倒しただけの間伐材は玉切りして丸太にし、林のあちこちに散ばっている丸太は寄せてロープウインチで林道脇に積み上げます。
林内は街場とちがって涼しいといっても、蒸し暑い日が続いており、一作業ごとに水分補給はかかせません。
 
集めた間伐材(丸太)は軽トラで2キロ離れた集積場に運びます。

 

いわて森林再生研究会のホームページへhttp://i-sinrinsaisei.org/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by いわて森林再生研究会 at 08:43| Comment(0) | 活動記録

2017年07月06日

里山整備対策事業を開催しました 7月5日(水)

7月5日(水) 里山整備対策事業の活動が行われました。 

 

場所 盛岡市手代森の三助山(333林班)スギ林 参加者13人
 
この日の研修テーマは下刈り作業とハチ刺されなどの生物傷害の学習。
 
先ず、下刈りは、切り刃の装着、腰ベルトの着け方、足の送り方の説明を
 
受けてから、小灌木の生えているスギ林の藪を刈り払う実技訓練。
 
大刈りの作業です。畑などの草刈りと違ってキックバックなどにも気を使
 
わなくてはなりません。
 
正午近くなって雨降りとなり、当会のギダジ研修場に移動し午後は、小屋でハチ刺されや
 
ウルシかぶれの対処法など学習しました

 

 

いわて森林再生研究会のホームページへhttp://i-sinrinsaisei.org/

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

posted by いわて森林再生研究会 at 10:07| Comment(0) | 活動記録