2014年10月25日

いわて森林を守る会(北)の活動(10月3回目)

10月25日(土)いわて森林を守る会の活動が玉山で行われ7名が参加しました。  この日の活動は,里山企画で追加した場所での作業でした。  下刈り班は午前中新しい現場の下刈りを行い,午後からは伐倒班と合同で下刈りを行いました。  伐倒班は山の入り口付近の枯損木の処理を行いました。弦がらみが多くロープで引っ張るなど  処理が困難でした。  作業終了後は見違えるほど山の奥が見えるようになりました。  玉山での里山企画の活動は29日も行われます。 いわて森林再生研究会のホームページへ:http://www.eins.rnac.ne.jp/~issk/  北活動26.10.jpg 北活動26.101.jpg 北活動26.102.jpg
posted by いわて森林再生研究会 at 20:00| 活動記録

2014年10月24日

みちのく郷山保全隊の活動(10月3回目)

みちのく郷山保全隊の活動報告が下記の通りありましたので紹介します。  10月23日、24日の両日みちのく郷山保全隊は花巻市矢沢地内大森山にて   「里山整備活動」を行いました。   2日とも秋晴れの良い天気に恵まれましたが、隊員の諸事情により初日が4名、2   日目が5名と最近の保全隊活動の状況からは少ない参加者となりました。   2日間とも今後活動を予定している場所の安全確保(作業環境の整備)のため背丈   以上に伸びた笹の刈り払いを重点的に行い、刈り払い作業以外の者は風倒木等の枯   損木処理に当たりました。   長い間放置されていたために弦絡みの木が多く、弦に締め付けられ立ち枯れしてい   る木も見られました。   雑木林の現場なので紅葉も見頃を迎え、ツルリンドウや紫式部の実も疲れた体を癒   してくれました。   またムラサキシメジやムキタケなどのキノコも散見され、初日に収穫したキノコで   翌日キノコ入りの芋の子汁を作ってきて振る舞ってくれた隊員がおり大好評でした。   林床を覆っていた笹も刈り取られ今後の作業も順調に進むことでしょう。   参加された皆さんお疲れ様でした。   次回活動は11月1日(土)村崎野「水芭蕉の里」です。  いわて森林再生研究会のホームページへ:http://www.eins.rnac.ne.jp/~issk/ 北上26.103.jpg 北上26.104.jpg 北上26.105.jpg
posted by いわて森林再生研究会 at 20:00| 活動記録

2014年10月20日

みちのく郷山保全隊(北上)の活動(10月2回目)

みちのく郷山保全隊の活動報告が下記の通りありましたので紹介します。  10月19日(日)みちのく郷山保全隊は北上市上鬼柳に於いて今月2回目の  活動を行いました。  秋晴れの下6名の参加者で枯損木処理を行いました。  今日行ったのは林縁に生えている松くい虫被害に遭ったと思われる枯れた松の木で  伐根直径が80センチメートル以上ある巨木でした。  これは以前から近くで農作業をしている方からいつ倒れるかわからず安心して作業  できない伐り倒して欲しいと要望があったもので、水田の稲も刈り取られ、水田の  所有者から水田に伐倒して良いとの許可も得ていたことから実施したものです。  重心方向には農機具等を保管している小屋や立木があって倒すことが出来ず、倒す  ためには重心と反対方向の水田側に倒さなければならずクサビでの伐倒を選択し、  更に安全策としてロープ2本を掛けました。  伐倒は大桐さんが担当しましたがこれ程の巨木を伐倒するのは初めてということで  最初少し戸惑っていましたが、日頃の活動で培われた基本に忠実な作業で伐倒地点  の目印に立てた杭に命中させる見事な伐倒を見せてくれました。  伐倒後の処理も大変で、水田の土に深く突き刺さった枝を抜き取る作業などで午前  中一杯掛かってしまいました。  午後も大きな枯損木処理が中心で、偏心した木を起こし木で倒すためプラロックを  使って引き起こしたりと伐倒した本数は少なかったものの色々学ぶことが多く有意義  な1日となりました。     いわて森林再生研究会のホームページへ:http://www.eins.rnac.ne.jp/~issk/ 北上26.10.jpg 北上26.101.jpg 北上26.102.jpg
posted by いわて森林再生研究会 at 20:00| 活動記録