2014年07月21日

間伐材の日の活動(7月3回目)

7月20日(日)前日に引き続き間伐材の日の活動が行われ,14名が参加  しました。  作業は,そばの種まき,きのこの本伏せ,炭窯の点火,製材でした。  まず,全員でそばの種まきを行った後,炭窯の火入れ準備班ときのこ班に分かれて作業  を行いました。  火入れ班は着火まで焚き続けるナラの薪づくり,炭窯の焚き口の整備等を行い点火の  準備をしました。    きのこ班は,田中林のホダ場に仮伏せしていたシイタケとナメコの原木を本伏せしました。  菌が順調に廻りこの秋にはナメコ,来春にはシイタケの収穫が期待されます。  全員が集合し,正午前に炭窯に点火しました。炭が出来るまで2週間位掛かります。  午後からは,ポータブルな製材機(アラスカン)を使ってやや太い丸太を製材し,  板材を作りました。  いわて森林再生研究会のホームページへ:http://www.eins.rnac.ne.jp/~issk/ 間伐材の日26.7-small.jpg 間伐材の日26.71-small.jpg 間伐材の日26.72-small.jpg 間伐材の日26.73-small.jpg 間伐材の日26.74-small.jpg 間伐材の日26.75-small.jpg 間伐材の日26.77-small.jpg
posted by いわて森林再生研究会 at 20:00| 活動記録

2014年07月20日

みちのく郷山保全隊(北上)の活動(7月2回目)

みちのく郷山保全隊の活動報告が下記の通りありましたので紹介します。  7月20日(日)みちのく郷山保全隊は5名の参加者で上鬼柳地内の森林整備  活動を行いました。    明け方まで雨が降っていたことや今にも降り出しそうな空模様でもあったことから  最近の活動の中では少ない参加者となりましたが、林内では見頃を迎えたヤマユリ  が私達を歓迎してくれました。    姥ユリの花芽も大きくなっておりもうすぐ咲き出すことでしょう。    間伐により林床に陽が差し込む様になったことで下草の成長が一段と良くなってき  たことを実感します。    午前中は刈り払いや前回の作業で切り倒したままになっていた松の枯損木の玉切り  などを行いましたが、昼近くになって雨が降ってきたのでブルーシートを張って雨宿  りしながら早飯としました。    午後になって雨もこやみになったので松の枯損木を伐倒処理して作業を終了しまし  た。    次回活動は、7月25日(金)26日(土)の2日間、花巻市矢沢地内大森山にて  「里山整備」活動を行います。  いわて森林再生研究会のホームページへ:http://www.eins.rnac.ne.jp/~issk/ 北上26.7-small.jpg 北上26.71-small.jpg 北上26.72-small.jpg
posted by いわて森林再生研究会 at 20:00| 活動記録

2014年07月19日

間伐材の日の活動(7月2回目)

7月19日(土)間伐材の日の活動が行われ,一般参加者も合わせ21名が参加  しました。  作業は,炭焼(窯だし)でした。  前回のマツ間伐材を炭材にした炭出しを行いました。出炭は少ないのではと予想して  いましたが,思っていたほど減っていなく,5kg袋で43袋あり未炭化も少なく質は  上々でした。  この日の活動には,ボランティア講座受講者の他矢巾町の熟年グループ6名も体験  参加しました。  そのため,次の炭焼用の炭材の詰め込み作業もスムーズに進みました。  参加者は,炭をお土産に帰路に着きました。  なお,点火は20日に行います。  いわて森林再生研究会のホームページへ:http://www.eins.rnac.ne.jp/~issk/ 間伐材の日26.76-small.jpg
posted by いわて森林再生研究会 at 20:01| 活動記録